東京に多い性病は舌で検査

近年、性病の診察に変化が起こりました。
それは、迅速診断法という方法が国内で初めて保険適用内に定められたのです。
東京をはじめとする全国各地の医療機関において保険適用内になったことで、多くの患者がこれまでよりも精度の高い診察を受けることができるようになり、得られた診察結果に基づき正しい治療を行うことが可能になりました。
これまでも性病の検査というのは改良が重ねられてきたものの、細菌をしっかりと検出することができなかったり、結果が判明するまで多くの時間がかかってしまっていたのです。
舌などの患部を医師から配布された綿棒で触り検査を行うだけで感染の有無がすぐに判明します。
しかも、性病が疑わしいものの病院などに行けない時は自宅で自分で検査が行えるキットもあります。
郵送型なので他者に一切知られることなく検査を進めることができます。
申し込みはインターネットから行うので、申込む段階から他者に知られてしまうことはありません。
受け取る側もプライバシーを重視しており、個人情報を含むあらゆる情報を丁寧に取り扱いするので個人情報が漏えいする心配は皆無です。
こうした自宅で行うことができる検査キットは人気を集めており、いかに感染の有無を気にしている方が多いのかがわかります。
やはり、取り寄せる年代というのは若者が多いです。
性病に感染してしまう行為を行う機会が多い年代なので、性病の有無を気にするということは自然の流れです。
ただし、正確なキットであったとしても正しい利用方法を習得していなければ誤った結果が出てしまう可能性もあります。
感染しているのにも関わらず、感染していないという結果が出た時は、手遅れになるので注意が必要です。

同窓会があって久しぶりに会った元彼。会話も弾んで…酔った勢いもあり2人で抜け出しホテルへ行った。2週間くらい経ってから下腹部に痛みを感じて病院へ行くとなんと、性病だった!きっかけは楽しい同窓会。知っておけばこんな事にはならなかった…。

ページの先頭へ戻る