性病でイボが生じた時の手術

性病の検査は病院や検査キットという二種類から選ぶことができます。
従来から存在する方法が病院での診察です。
患者が男性の場合は泌尿器科や性病科に行くことになり、女性の場合は婦人科や産婦人科に行きます。
診察に行く場所が異なるだけではなく、男女で行う内容も異なります。
尿検査は男女共通で行いますが、その後の検査で違いがあります。
男は尿検査の後に分泌物検査という方法が用いられます。
専用の医療器具を使用しデリケートな場所の分泌物を得て検査機に入れます。
女の場合は男と同様に尿検査を受けた後膣分泌物検査という方法が行われます。
男と同じく採取専用の器具を用いて分泌物を採取し、その後検査用の機器にて成分を調べます。
このように病院で本格的な機器を活用して精度の高い結果を知ることができる反面、自宅で自分一人で行うことができる簡易的な方法もあります。
病院で調べると初期段階から把握してくれるので手術を行うという事態になっても円滑に進めることができます。
検査キットは簡単かつ手軽ではあるものの、医療機関にお世話になる時は再度調べる可能性が高いので二度手間になる可能性があります。
ただし、キットの場合は自分で採取し調査機関に郵送するだけで良いので誰かに知られる恐れが無いです。
しかし、既にイボが生じているなど変調が起こっている時にこうした方法を採用してしまうと、結果を待っている間に悪化してしまう可能性が高まるのでリスクがあります。
機関に送付するものは製品により異なりますが、一般的には尿や血液そして膣内分泌物です。
性病というと特殊な病気に思ってしまいますが、誰もが既に身体の中に原因菌を有しているということを理解すると気持ちが楽になります。

同窓会があって久しぶりに会った元彼。会話も弾んで…酔った勢いもあり2人で抜け出しホテルへ行った。2週間くらい経ってから下腹部に痛みを感じて病院へ行くとなんと、性病だった!きっかけは楽しい同窓会。知っておけばこんな事にはならなかった…。

ページの先頭へ戻る